測量について

測量とは?

土地測量とは何か、ご存知ですか?

土地の売買や相続をするとき、また隣人と土地の境界でもめてしまった場合など、土地の「測量」が必要になるケースがあります。

測量とは「土地や家屋などの面積、形、高低差やその他の条件を計測し、明確にすること」です。
測量することによって土地の面積や内容が明らかになり、取引や境界確定の指標になります。

測量の歴史

実は測量の歴史はとても古く、古代エジプト時代から実施されていたともいわれています。
日本では江戸時代に「伊能忠敬」が日本地図を作成するため、全国的に本格的な測量を行ったことが広く知られています。
昔の人々は自分の足で歩いて原始的な方法で地積測量をしていましたが、現代では、測量機器の技術も大きく進展しています。
TSという機械を使い、GPS利用も標準化されており、ドローンと連動させるケースもあります。

土地測量の目的

現在の土地測量の目的は、公共の街作りや民間同士の土地取引、境界確定などです。
土地の広さや高低差を測り、位置関係を明確にすると安全に土地取引を行うことができますし、国や自治体が地図の作成や公共の道路や河川に関する計画を立てたり実行したりするためにも測量が必要です。

一般に土地測量を行う場面

一般の方が土地測量を実施するのは、主に土地の売買や相続、境界確定、家の建築などのためです。
土地の大きさや形、場所などが正確にわからないと、リスクが高いので人はその土地を買おうとは思いませんし、境界があいまいなままでは実際に隣地所有者同士がもめてしまうケースも多々あります。
また家を建てるときには測量図をつけて建築確認申請をしなければなりません。
土地の安全な取引や所有、利用(建築)には土地測量が必要です。

測量図について

測量図とは

測量を行ったら、「測量図」という図面を作成します。
測量図は土地の測量結果を明確に示す書面です。
測量をしても測量図を作らなければ資料が残らず、後からその内容を証明できなくなってしまうので、必ず作成します。

測量図には、以下のような内容が記載されます。

  • 地番や所在地
  • 基準点の凡例
  • 面積の計算方法
  • 計測した面積
  • 測量を実施した年月日

測量図の種類

測量図にはいくつか種類があります。
「地積測量図」は法務省令によって作成方法などが細かく決められている公的な図面です。道路や隣接地との境界を定めた上で測量し、その結果を図面化して土地登記簿に登録され、法務局で保管されます。
確定測量図は、隣接地の所有者による立ち会いの下に測量を行い、両者が了解して境界を定めるための測量図です。
現況測量図は、隣接地の所有者の了解を得ないで測量を実施した結果の図面です。

土地測量はお気軽にご相談下さい

土地測量を行うのは「土地家屋調査士」という国家資格を持った専門家です。当社では、調査士事務所とも連携して土地測量と土地の表示登記にワンストップで対応しています。土地の売買や境界確定、相続や建築確認申請などで土地測量が必要な際には、是非ともご相談下さい。